がん保険は早めの検討を

がん保険…その名の通り、癌という病気に特化した保険。

ゆえに、がん保険に入る必要性は感じてはいるけれど、医療保険や生命保険にはとりあえず入っているから、がん保険はそんなに急がなくてもいいかな、と後回しになっていませんか?

癌は日本人の三大死亡原因病のひとつ。ストレスが原因とも言われ、誰もが罹る恐れのある病気。

そして、場合によっては「余命」という言葉も用いられる、常に死に近い位置にある病気と言えます。

それだけではなく、ガンは非常にお金のかかる病気。長期に渡る入院や手術、保険適用されていない薬や代替医療としての食品やサプリメント。

ガン治療で月に数十万円もの出費になることだって、珍しくありません。
やっぱりがん保険は入っておくに越したことはありません。

がん保険の商品は、今や数え切れないほど種類があり比較するだけでも大変ですが、がん保険はとにかく思いたったのなら、早め早めに入っておくことが大切なんです。

なぜなら…がん保険には必ずと言っていいほど、免責期間が設けられています。

それも、90日間が一般的。

がん保険を契約しても約3ヶ月間は、癌に対する保障は受けられないんです。

癌はいつ罹ってもおかしくない病気。

後々後悔しないためにも、がん保険を比較検討する段階まで考えているのなら、躊躇することなく早めにがん保険に加入することをオススメします。

善は急げ!ですよ♪(笑)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。