がん保険は早めの検討を

がん保険…その名の通り、癌という病気に特化した保険。

ゆえに、がん保険に入る必要性は感じてはいるけれど、医療保険や生命保険にはとりあえず入っているから、がん保険はそんなに急がなくてもいいかな、と後回しになっていませんか?

癌は日本人の三大死亡原因病のひとつ。ストレスが原因とも言われ、誰もが罹る恐れのある病気。

そして、場合によっては「余命」という言葉も用いられる、常に死に近い位置にある病気と言えます。

それだけではなく、ガンは非常にお金のかかる病気。長期に渡る入院や手術、保険適用されていない薬や代替医療としての食品やサプリメント。

ガン治療で月に数十万円もの出費になることだって、珍しくありません。
続きを読む

がん保険を各社比較する

がん保険は、様々な生命保険会社から沢山の種類が発売されていて、正直、迷うというよりかどれを選べばいいかわからないですよね。

でも、癌は誰でも罹る恐れのある病気。おまけに高額の医療費がかかります。

がん保険には入っておくほうが賢明ではあります。

がん保険を考えるとき、複数のがん保険を比較することになると思いますが、あれもこれもと徹底的に比較すると余計わからなくなりがち。

まずは幾つかのポイントに絞って、がん保険を比較し、契約候補のがん保険を絞り込むのがおすすめです。

まずは期間から。定期のがん保険にするのか、終身のがん保険にするのか。

支払う保険料の問題もあるでしょうが、個人的には終身のがん保険の方がおすすめ。

ガンはいつ罹るかわからない病気です。
続きを読む

がん保険で治療費も安心

がん保険のCMを見ない日がありません。

アフラックのがん保険、アリコのがん保険、チューリッヒのがん保険…生命保険会社各社が、揃って多くのがん保険商品を発売しているのは、やはりそれだけの需要があるから、でしょうね。

癌は昔は遺伝的な要素の強い病気と考えられていました。

癌家系という言葉もある位です。

でも、癌はストレスが原因とも言われ、ストレスだらけの毎日を送っている現代人にとって、誰もが罹りうる病気であり、そして最も死のイメージの濃い病気です。

だからこそ、がん保険が売れているのであり、がん保険の種類もこんなに多種多様化したのでしょうね。

しかし、一方で医療保険や生命保険に入っているから、がん保険は入っていないという人も多いようです。

保険にたくさん入れば、金銭的負担は大きくなります。
続きを読む

がん保険・加入するのが常識

がん保険…

今や生命保険の中でも、その存在たるや確固たるものとなりましたね。

個人的には、アヒルでお馴染みのアフラックが、がん保険のパイオニアであるような感じがありますが、今や生命保険会社各社から、様々ながん保険の商品が発売されています。

昔は無かったがん保険ですが、年々契約者数は増加し、種類も終身型のがん保険であったり、女性用のがん保険であったりと様々。

その背景にはやはり、ガンという病気が現代人にとって人事ではない、常に身近にある恐ろしい病気だという認識が定着したからではないでしょうか。

癌は本当に怖い病気。
続きを読む

がん保険・発病後の加入

がん保険は、癌になった場合の入院・通院・治療などを手厚くサポートしてくれる保険ですよね。

つまり、これから先に癌に罹るかもしれないという不安に対して、備えておく保険。

癌が死亡原因病のトップに君臨する今、欠かせない保険とも言えます。

しかし、ガンという病気…一度罹ったらもう罹らないのか?

そんなこと、ないですよね。

ガンの再発はよくあること。

今でこそ、がん保険は身近になったけれども、そうなる前にガンを患った人は、もうがん保険という安心を手にすることはできないのでしょうか…。

実は、あるんです。がんになっても入れるがん保険!
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。